Archive

【連載】私の東京物語 第5話(東京新聞2018年11月21日朝刊)

商店街 ▲クリックで拡大

【連載】私の東京物語 第4話(東京新聞2018年11月20日朝刊)

戦後の阿佐ヶ谷 ▲クリックで拡大

【連載】私の東京物語 第3話(東京新聞2018年11月19日朝刊)

阿佐ヶ谷将棋会 ▲クリックで拡大

【連載】私の東京物語 第2話(東京新聞2018年11月16日朝刊)

阿佐ヶ谷の家 ▲クリックで拡大

【連載】私の東京物語 第1話(東京新聞2018年11月15日朝刊)

どっちの駅? ▲クリックで拡大

【連載】ウェーバー 「舞踏への勧誘」(なごみ 2018年10月号)

ウィンナ・ワルツの雛形になった ウェーバー「舞踏への勧誘」  誰でも知っている「美しき青きドナゥ」。ヨハン・シュトラウス二世が書いた代表的なウィンナ・ワルツだ。  ドナウ河のさざなみを思わせるイントロについで、浮き浮きす…

【連載】第1回 ショパン「別れのワルツ」(なごみ 2018年1月号)

  「別れのワルツ」として親しまれているショパンの「ワルツ作品69-1」は、ためらいがちな右手のイントロで始まる。波のように揺れて左手に受け止められ、また揺れて……だんだん沈んできたところで一挙に浮き上がり、思いのたけを…

【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第24回 マリア・ジョアオ・ピリス」(音遊人 2018年秋号)

ポルトガルのピアニスト、ピリスは1944年生まれで、この連載のテーマには少し若いのだが、引退を発表したのでサントリーホールで開かれたリサイタルに駆けつけた。 小柄で細身、手もさほど大きくはない。モーツァルトやシューベルト…

【連載】モーツァルト「お母さまきいてちょうだい」(なごみ 2018年9月号)

「きらきら星」が12通りに展開する タイトルはフランス語で「ヴ・ディレ=ジュ・ママン」。 直訳すると、「ママ、私はあなたに何を申しましょうか」。フランス語特有の理屈っぽい言いまわしだが、実際には「ねぇねぇ、お母さんたら」…

【連載】メンデルスゾーン「甘い思い出」(なごみ 2018年7月号)

二重唱のように豊かなメロディ メンデルスゾーンの「無言歌集」は、はじめて弾いたロマン派の音楽だった。 子どものころは手が小さいから、ハイドンやモーツァルトなど古典派の作品を課題にいただく。背が低くてペダルが踏めない(昔は…

新メルド日記
執筆・記事TOP

全記事一覧

執筆・記事のタイトル一覧

カテゴリー

執筆・記事 新着5件

アーカイブ

Top