花を聴く花を詠む アーカイブ

【CD評】「花のアルバム」(レコード芸術 2022年2月号)

推薦:那須田務  青柳いづみこの久しぷりのソロのアルバムは「花のアルパム」と題して、クープランや高橋悠治などの様々な花にち なんだ音楽を収録している。「妖しくも美しく」という自身による巻頭文が青柳らしい。きれいな花にはト…

【CD評】「花のアルバム」(intoxicate)

 目で愛でるのはいい、だが口に入れてはいけない。花の美しさは毒でもある、体にとっても、心にとっても。  美は危ういものだ。いや、危うさこそが美を孕むのか。花に伴う棘はためでわかろうが、毒性は体に入れなければ、それと知れな…

【CD評】「花のアルバム」(ぶらあぼ2022年1月号)

バロックから現代までの花のタイトルをもつ小品集。その選曲も、同時期に書籍『花を聴く 花を読む』を刊行する点も、マルチな才能を持つ青柳いづみこらしい。印象深い曲から書くと、まずシベリウス「花の組曲」。自然を愛したこの作曲家…

【CD評】『物語』Histoires(日経新聞 2021年5月18日付夕刊)

2人の演奏家がピアノと朗読、独奏、連弾で3作品を奏でる。ミヨー「ボヴァリー夫人のアルバム」は、ピアノ用に編曲した映画音楽に小説の文章を合わせた。高橋の演奏と青柳の朗読は淡々としているからこそ、寄る辺ない思いを感じさせる。…

【CD評】『物語』Histoires(音楽現代 2021年5月号)

推薦 古今東西を問わず、音楽は自明のように物語を表してきた。とはいえ、実際に生命を吹き込むのは奏者。青柳いづみこと高橋悠治による新譜はまさに、大小様々な空想の世界を音で描き出す。イベールのピアノ独奏曲《物語》は、短い表題…

【CD評】『物語』Histoires(ぶらあぼ 2021年4月号 評・長井進之介)

本盤は、異国の風景や伝承が色とりどりのハーモニーで描かれるイベール「物語」をピアニスト・文筆家の青柳いづみこが軽やかに奏でて幕を開ける。言葉やイメージと音楽が素晴らしく結びついたとき、音の色彩の密度がさらに濃く、そして輝…

【CD評・特選盤】『海』(レコード芸術 2021年3月号 評・濱田滋郎、那須田務)

濱田滋郎 推薦 ドビュッシーの世界を誰よりもよく知り、彼に関する研究を綴ることや、その作品を演奏することを不断のライフワークとしている青柳いづみこが、このアルバムでは、2人の有能な後輩ピアニストの協力を得て、たいへん珍し…

【CD評・特選盤】『物語』Histoires(レコード芸術 2021年4月号 評・濱田滋郎、那須田務)

濱田滋郎 推薦 至って、“趣味人向き”ながら、類のない魅力をおびた企画として、注目をうながさぬわけには行かないアルバム。イベールの《物語》はーこの中ではーひとまず知られているとして、フローラン・シュミットがアンデルセン童…

【CD評】ドビュッシー: 「海」、ファリャ: 「スペインの庭の夜」、グレインジャー: 「緑の茂み」(朝日新聞 2021年1月21日付夕刊)

手練れ揃いのピアノ2台6手! 聴き物はカプレ編曲の「海」。大管弦楽による華麗な油絵が30本の硬軟自在な色鉛筆による細密画に大変身。明晰だけれど過剰。目が眩む(片)

【CD評】「6人組誕生!」(ぶらあぼ 2020年3月号)

経緯、詳細は椎名亮輔氏の読み応えのあるライナーに譲るとして、1920年の結成からちょうど100年ということに因む、フランス6人組+その集結のきっかけとなったサティの「パラード」を収めたなんとも素敵なアルバム。中でも最も有…

新メルド日記
CD紹介TOP

CD関連記事 ランダム5件

Pick Up!

CDのご注文

サイン入りCDをご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りのCDをお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替

Top