ドビュッシーの夢 アーカイブ

【インタビュー】常に「耳に心地よい音楽」を唱えた作曲家ドビュッシーと、パリの芸術家との交友(Webマガジン ONTOMO)

WebマガジンONTOMOにインタビューが掲載されました! ドビュッシー没後100年 青柳いづみこ氏にきく 常に「耳に心地よい音楽」を唱えた作曲家ドビュッシーと、パリの芸術家との交友 https://ontomo-mag…

【インタビュー】ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」Intoxicate #131 2017 December

高橋悠治との「火花散る」やり取りを経て生まれた迫真のアンサンブル interview&text:鈴木淳史 最近では、四手や連弾といったスタイルで、ストラヴィンスキーの《春の祭典》に挑むピアニストは少なくない。い…

【インタビュー】ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」 CDジャーナル12月号

ストラヴィンスキー自身による『春の祭典』の連弾版 取材・文/宮本 明 青柳いづみこと高橋悠治の連弾による『春の祭典、ペトルーシュカ(作曲者による連弾版)という注目の録音がリリースされた。ストラヴィンスキー自身による『春の…

【インタビュー】ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」 レコード芸術2017年12月号

高橋悠治とのデュオで描き出す鮮烈なストラヴィンスキー 青柳いづみこ【ピアノ】 ききて・文=長井進之介 写真=青柳聰 ドビュッシー研究の第一人者であり、ピアニスト、文筆家である青柳いづみこ。来年のドビュッシー没後100 年…

【インタビュー】ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」(モーストリークラシック 2017年12月号)

高橋悠治と連弾でCD「春の祭典」をリリース 青柳がプリモ(高音)で悠治がセコンド(低音) 「ストラヴィンスキーの仕掛けがよく分かります」 1913年5月29日、シャンゼリゼ劇場で行われたバレエ「春の祭典」の初演は、音楽史…

【関連記事】CDアルバム「ミンストレル」インタビュー レコード芸術 2014年2月号

聞き手・文ー歌崎和彦 「フランスの粋」が香るデュオクリストフ・ジョヴァニネッティ(ヴァイオリン)&青柳いづみこ(ピアノ) ヴァイオリンのクリストフ・ジョヴァニネッティ氏と青柳いづみこさんにお話を伺ったのは、お二人が東京で…

【関連記事】「ドビュッシーの神秘」レコード芸術 2013年2月号 文・遠山菜穂美

2012年はクロード・ドビュッシーの生誕150年にあたり、コンサートやCD、展覧会などを通じて多くの人々の関心が集まった。フランス音楽、とりわけドビュッシーに、演奏、研究の両面で深く取り組まれてきたピアニスト、青柳いづみ…

【関連記事】「ロマンティック・ドビュッシー」ぶらあぼ 2010年2月号 インタビュー

新譜この人いちおし ドビュッシーの「歌」をめぐって すぐれたドビュッシー弾きとして知られる青柳いづみこは、ピアニストという肩書きをすでに軽々と超えてしまっている存在である。様々な分野に造詣の深い青柳は、ピアニストに加えて…

【関連記事】「浮遊するワルツ」ムジカノーヴァ 2003年11月号 インタビュー 文・真嶋雄大

ワルツの多様な味わいを体感してほしい 本誌連載「ピアニストは指先で考える」が好評の青柳いづみこがリサイタルを開く。 ピアニストのみならず、文筆家としても小説やルポを発表し、またピアニストとして初の朝日新聞書評委員をつとめ…

【関連記事】「浮遊するワルツ」レッスンの友 2003年11月号 インタビュー

日本人の3拍子には「浮き上がる系」や「跳び上がる系」が足りないような気がします。 二年ぶりのリサイタルを前に。 CDも同時発売予定。 ピアニストで文筆家としても活躍する青柳いづみこさんが、二年ぶりのリサイタルを開く。今回…

1 / 212
新メルド日記
CD紹介TOP

CD関連記事 ランダム5件

Pick Up!

CDのご注文

サイン入りCDをご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りのCDをお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替

Top