Archive

【連載】ドビュッシー最後の1年【11】(ふらんす 2018年2月号)

ヴィクトル・セガレン ドビュッシーが1905年から居を定めた16区の一軒家には、彼の作品を愛する若い演奏家や作曲家、詩人・劇作家たちが訪れることがあった。 ヴァイオリニストのアーサー・ハルトマンは、ヴァイオリンとピアノ用…

【連載】ドビュッシー最後の1年【10】(ふらんす 2018年1月号)

アンドレ・カプレ ドビュッシーの生前も、ポー作品の音楽化は試みられていた。後輩の作曲家フローラン・シュミット(1870−1958)には『アッシャー家の崩壊』の作中詩「幽霊宮殿」にもとづくオーケストラ作品がある。やはり後輩…

【連載】ドビュッシー最後の1年【9】(ふらんす 2017年12月号)

アッシャー家の崩壊 ドビュッシーが、友人の作家や詩人にオペラの台本を書かせ、いろいろ注文をつけながら白分は1音符も書かなかったことは、前号で記した。エドガー・ポーの怪奇小説にもとづくオペラ《アッシャ一家の崩壊》は自分で脚…

【連載】ドビュッシー最後の1年【8】(ふらんす 2017年11月号)

お気に召すまま 11月1日、サン=ジャン=ド・リューズからパリに戻ってきたドビュッシーは、出版社のデュランに宛てて、子どものためのバレエ音楽《おもちゃ箱》のオーケストレーションとオラトリオ《聖セバスチャンの殉教》のオペラ…

【連載】ドビュッシー最後の1年【7】(ふらんす 2017年10月号)

本当に最後のコンサート 1917年9月11日と14日、ドビュッシーは避暑先のサン=ジャン=ド=リューズと、近くの町ビアリッツで2度のコンサートに出演し、ガストン・プーレと《ヴァイオリンとピアノのためのソナタ》を演奏してい…

【連載】ドビュッシー最後の1年【6】(ふらんす 2017年9月号)

ラヴェルの生地はピアニストだらけ 1917年7月初め、ドビュッシーは避暑先のサン・ジャン・ド・リューズに赴いた。スペイン国境近くで、ラヴェルが生まれた街としても知られている。 夏の住居は「シャレ・アバス」といい、イギリス…

【連載】ドビュッシー最後の1年【5】(ふらんす 2017年8月号)

パラードとペトルーシュカ 1917年5月5日に最後の作品《ヴァイオリンとピアノのためのソナタ》の初演を果たしたドビュッシーは、同じ月の16日、戦争のため中断されていたロシア・バレエ団の公演に招待されている。 演目はストラ…

【連載】ドビュッシー最後の1年【4】(ふらんす 2017年7月号)

1917年3月のドビュッシーは、9日と17日、「音楽家たちの支援のために」企画された2回のコンサートに出演している。 3月9日には《フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ》が初演された。 1915年の夏、避暑先のプ一ル…

【連載】ドビュッシー最後の1年【3】(ふらんす 2017年6月号)

終わりたがらないヴァイオリン・ソナタ ドビュッシーは作品をなかなか完成させることができない質で、出版者のデ‘ュランをやきもきさせた。1905年10月初演の交響詩《海》も、1月13日の手紙では2曲目の〈波の戯れ〉の最後を書…

【連載】ドビュッシー最後の1年【2】(ふらんす 2017年5月号)

石炭が欲しい! 1917年1月25日、死の1年と2か月前のドビュッシーは、寒さに震えていた。友人の作曲家ポール・デュカへの手紙で彼は、「J’ai peur du froid.J’ai si peurdes grands …

1 / 212
新メルド日記
執筆・記事TOP

全記事一覧

執筆・記事のタイトル一覧

カテゴリー

執筆・記事 新着5件

アーカイブ

Top