Archive

【連載記事】「とっておき私の京都 第1回」(週刊新潮 2005年11月25日号)

私の京都 とっておき 勧修寺 京格子に犬矢来、軒の上には土塗りの虫籠窓。近頃、滅法持て囃される京町家の中にあって、有数の規模と格式を誇るのが、「杉本家」である。寛保年間に創業された呉服商「奈良屋」の店舗兼住居で、現在の主…

【インタビュー】「演奏・文筆活動25周年 青柳いづみこさん」(クラシックジャーナル 2005年11月号)聞き手・中川右介(音楽ジャーナリスト)

九月十六日に、築地の浜離宮朝日ホールで、「青柳いづみこ ピアノリサイタル演奏・文筆25周年~ラモーからドビュッシー~」が開かれた。 前半のラモーでは数曲弾くごとに、トークも入る。一番の問題はマイクだ、と青柳さんは言う。け…

【インタビュー】「人生流儀   ドビュッシーの光と影に自分重ね合わせ 美の理想を追う」(毎日新聞大阪版 2005年8月31日朝刊)文・奥田昭則(編集委員)

インクが匂い立つような刷り上ったばかりの本「ピアニストが見たピアニスト」(白水社)の帯に<現役のピアニストにして気鋭の作家が、心理面から技術面、時代の耳の変遷まで、6人の名演奏家(アルゲリッチやリヒテルら)の秘密を解きあ…

【インタビュー】カンパネラ 2003年12月号

ピアニスト、エッセイスト、研究家…、 さまざまな顔を持つ青柳いづみこは ほかの誰とも違う世界から音楽を眺めている ドビュッシーは耽美派? 青柳いづみこ、という名前をご存知の方は、彼女のことをどう捉えているのだろうか。ピア…

「本屋さんに行こう」(朝日新聞 2002年1月20日読書欄)文・藤崎昭子

破滅と耽美の世界にワクワク ピアニスト青柳いづみこさん 男を惑わせ、人生を狂わす「宿命の女」。そんな女性たちをピアノで表現したCD「水の音楽」と、同タイトルの評論書を同時に出版し、昨年話題を呼んだ。『ショパンに飽きたら、…

新メルド日記
執筆・記事TOP

全記事一覧

執筆・記事のタイトル一覧

カテゴリー

執筆・記事 新着5件

アーカイブ

Top