ピアニスト・文筆家 青柳いづみこ Official Website

コンサート・新刊本・新譜CDのご案内

【コンサート】クリストフ・ジョヴァニネッティ+青柳いづみこ 至福のデュオ・リサイタル

2023年2月15日(水)18:30開演
日経ホール
【出演】
クリストフ・ジョヴァニネッティ(ヴァイオリン)
青柳いづみこ(ピアノ)
★当HPでもチケットをお申し込みいただけます(配送料無料)★
▶︎公演詳細はこちら

【新譜CD】昔の歌 ― 安川加壽子門下生発表会より

戦前パリ国立高等音楽院に入学し12歳でラザール・レヴィに師事、戦後日本のピアノ音楽をリードし続けた安川加壽子。
1950〜60年代の門下生発表会では、当時最先端のフランス近現代音楽と、そのルーツであるフランス・バロック音楽を与えた。ドイツ音楽全盛の日本にフランス音楽を浸透させ、子供たちに斬新な書法を体験させた功績は大きい。安川生誕100年となる2022年、門下生の一人、青柳いづみこがそのプログラムを再現。エスプリに満ちた表現と、1927年製エラールの煌めく音が楽しめる。

【演奏】青柳いづみこ(ピアノ)

★当HPでご注文の方には消費税抜きの特別価格、サイン入りでお送りします★
CD詳細こちら▶

ALM RECORDS
発売日:2022年10月7日
価格:¥2,800+税

【新刊】ヴィンテージ・ピアニストの魅力

なぜ演奏をつづけるのか。なぜ至高でありつづけられるのか──。齢を重ねてなお輝きをます鍵盤の芸術家たち40人。その音楽の秘密と活力の源泉にせまる。

★当HPでご注文の方には消費税抜きの特別価格、サイン入りでお送りします★

アルテスパブリッシング 定価:本体2000円+税
書籍詳細▶

【書籍】蘇る、安川加壽子の「ことば」

2022年安川加壽子生誕100年にあたり、偉大なピアニストであり教育者であった安川加壽子のインタビュー記事や執筆記事を集めた1冊。

★当HPでご注文の方には消費税抜きの特別価格、サイン入りでお送りします★

音楽之友社 定価:本体2400円+税
書籍詳細▶

【CD】花のアルバム

バロックから現代まで、花にみちびかれた28曲
花々の蠱惑的な光と影を青柳いづみこがリリカルに描く

【演奏】青柳いづみこ(ピアノ)

★当HPでご注文の方には消費税抜きの特別価格、サイン入りでお送りします★
同時期刊行の書籍とのセット価格もあり

CD詳細こちら▶

ALM RECORDS
発売日:2021年12月7日
価格:¥2,800+税

【書籍】花を聴く 花を読む

古今東西、有名無名を問わず、花とクラシック音楽、文学の森にわけいり越境するエッセイ集。ピアニストの指先からつむぎだされる20のものがたり。

★当HPでご注文の方には消費税抜きの特別価格、サイン入りでお送りします★
同時期発売のCDとのセット価格もあり

月曜社 定価:本体1800円+税
書籍詳細▶

トピックス

▶TOPICS一覧

更新情報

2022.09.12
【関連記事】青柳いづみこ CD・書籍刊行記念コンサート(読売新聞2022年9月9日付夕刊)
2022.09.12
【関連記事】青柳いづみこ CD・書籍刊行記念コンサート(毎日新聞2022年9月8日付夕刊)
2022.06.16
MOVIEにドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」「リンダラハ」を掲載しました
2022.06.14
【連載】響きあう芸術パリのサロンの物語13(最終回)「ヴァランティーヌ・グロス」(岩波図書 2022年2月号)
2022.06.14
【関連記事】2022安川加壽子生誕100年 第15回安川加壽子記念会演奏会(2022年4月7日付 東京新聞夕刊)
2022.04.15
【書評】「花を聴く 花を読む」(2022年4月3日付世界日報)
2022.03.5
天から二物(日経新聞 2022年2月27日付)
2022.03.4
ショパンコンクール 能動的だった日本人出場者(西日本新聞 2022年2月26日付朝刊)
2022.03.4
【CD評】「花のアルバム」(レコード芸術 2022年2月号)
2022.03.4
【CD評】「花のアルバム」(intoxicate)
2022.03.4
【書評】「花を聴く 花を読む」(intoxicate)
2022.02.28
【CD評】「花のアルバム」(ぶらあぼ2022年1月号)
2022.02.28
【書評】「花を聴く 花を詠む」(西日本新聞 2021年12月26日)
ドビュッシーのおもちゃ箱水の音楽ショパンコンクールドビュッシーとの散歩MERDE日記
新メルド日記
ごあいさつ

 井伏鱒二、太宰治らの集った、東京・阿佐ヶ谷文士村という独特の環境のなかで生まれ育った青柳いづみこは、幼い頃から豊かな芸術にとり囲まれていました。彼女にとって芸術は、玩具であり、友であり、時には恋人となり、拠り所ともなりました。心をまかせていたさまざまな芸術の中から、青柳はやがて音楽を選び、ピアニストの道に進みましたが、それだけでは飽きたらず、本格的な文筆に手を染めることになりました。
 青柳いづみこは、ピアノ演奏と文筆の二つの世界で評価される、日本ではまれなアーティストです。このホームページは、より多くの方に青柳いづみこの活動を知っていただき、みなさまと言葉を交わしてゆきたいと考えて、立ち上げた公式サイトです。

▶演奏・執筆・講演のご依頼はこちら

執筆・記事 新着3件

Top