ピアニスト・文筆家 青柳いづみこ Official Website

コンサート・新刊本・新譜CDのご案内

青柳いづみこ VS 高橋悠治トーク・コンサート ドビュッシーとサティと6人組のあやうい関係

トークコンサート

「6人組誕生!」(ALM)発売記念トーク・コンサート

2020年1月23日(木)10:30~12:00
スガナミ楽器経堂店 ホール

公演詳細▶

【新刊】〈対談〉音楽で生きていく!
10人の音楽家と語るこれからのキャリアデザイン

プロの道はこうやって切り拓く!
夢を実現し、成功を勝ちとるには、どんな戦略が必要だったのか──
未来の音楽家たちに希望と勇気をあたえてくれる「本音のキャリア対談」!

アルテスパブリッシング 定価:本体2000円+税
★★当ホームページでサイン入り、特別価格2000円で販売!★★
書籍詳細▶

【新譜CD】ドビュッシーとパリの詩人たち

ドビュッシーとパリの詩人たち

ドビュッシーとパリの詩人たちとの交友にスポットを当てたアルバムがリリースされました。
「アッシャー家の崩壊」でも好演したソプラノ歌手の盛田麻央さんとは初の歌曲を、高橋悠治さんとは連弾版の編曲をお願いした「牧神の午後への前奏曲」他で共演しています。

★★当ホームページでサイン入り、特別価格2800円で販売!★★
CD詳細▶

発売元:ALM RECORDS
価 格:2800円+税

ドビュッシー最後の一年

ドビュッシー最後の一年

没後100年。「終活」を迎えたドビュッシーの最晩年の姿を追い、そこに凝縮された、作曲家の真実の姿をさぐる。
★★当HPからお申し込みの方にはサイン付きでお送りします。
中央公論新社 定価:本体1600円+税
書籍詳細▶

【ムック】ONTOMO MOOK「ドビュッシー ピアノ曲の秘密」

onotomo mook

青柳いづみこ 監修
ドビュッシーのピアノ曲への理解を深めるために、作曲家の魅力に多方面からアプローチする一冊。
各界の著名人8名との対談のほか、青柳自身の演奏と解説によるDVD「ドビュッシーをおしゃれに弾きこなすために」付き。
★★当HPからお申し込みの方には、特別価格+サイン付きでお送りします。

音楽之友社 定価:本体2000円+税
書籍詳細▶

【単行本】高橋悠治という怪物

高橋悠治論

初めての高橋悠治論
作曲家、ピアニスト、批評家としてさまざまに同時代の表現行為をきりひらいてきた高橋悠治。
グレン・グールドとの対比から、クセナキス、武満徹ら20世紀音楽との関わり、そして「水牛楽団」という、独自な民衆音楽への志向性まで、文筆家のピアニストによる、実感的・高橋悠治論。

河出書房新社 本体2850円+税 書籍詳細▶
★★当HPからもご注文いただけます★★

トピックス

▶TOPICS一覧

更新情報

2020.1.4
【関連記事】青柳いづみこ演奏活動40周年記念企画(ぶらあぼ2020年1月1日)
2020.1.4
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第29回 ルドルフ・ブッフビンダー」(音遊人 2019年冬号)
2020.1.4
【関連記事】青柳いづみこ演奏活動40周年記念企画(東京新聞夕刊2019年12月23日)
2019.12.10
フランスと私「私が、私のようであること」(ふらんす 2019年12月号)
2019.9.26
高橋悠治 飽くなき欲望(2019年9月24日付 徳島新聞)
2019.9.12
【動画】ビリティスの歌(2019年1月11日 Hakuju Hall)
2019.9.12
ストラヴィンスキーとドビュッシーの危うい関係(レコード芸術 2019年5月号)
2019.9.12
【連載】毎日新聞このごろ通信
2019.8.30
【連載】「このごろ通信 音と言葉をつなぐ難業 」(毎日新聞 2019年8月19日付夕刊)
2019.8.30
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第28回 アンヌ・ケフェレック」(音遊人 2019年秋号)
2019.8.12
【連載】毎日新聞このごろ通信
2019.8.12
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第26回 アレクセイ・リュビモフ」(音遊人 2019年春号)
2019.8.11
【インタビュー】「音楽の未来」(音遊人 2019春号)
2019.8.4
「全日本歌謡選手権」(図書 2019年8月号)
2019.7.27
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第27回 高橋アキ」(音遊人 2019年夏号)
2019.7.27
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第25回 ブルーノ・カニーノ」(音遊人 2018年冬号)
2019.7.27
【連載】「ヴィンテージ・ピアニストの魅力 第22回 深沢亮子」(音遊人 2018年春号)
2019.6.14
ドビュッシー『アッシャー家の崩壊』(市川景之による試補筆版)動画をアップしました
2019.6.11
【書評】ルース・スレンチェンスカ著『ルース・スレンチェンスカ 九十四歳のピアニスト 一音で語りかける』(産経新聞2019年6月2日付朝刊)
2019.5.25
「ピアノ奏でる 皇室の音色」(東京新聞 2019年5月23日付)
2019.5.10
【CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(CDジャーナル 2019年5・6月号 評:堀江昭朗)
2019.4.16
「『天使のピアノ』が奏でた音」(文藝春秋 2019年5月号)
2019.4.16
【レクチャー内容】フランス音楽の歓び ドビュッシー没後一〇〇年を超て
2019.3.22
【CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(CDジャーナル 2019年4月号)
2019.3.21
【CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(音楽現代 2019年4月号)
2019.3.21
【CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(月刊ピアノ 2019年3月号)
2019.3.21
【CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(ぶらあぼ 2019年3月号)
2019.3.20
【コンサート評】ドビュッシーの幻のオペラ《アッシャー家の崩壊》(メルキュールデザール)
2019.3.6

【コンサート評】ドビュッシーの幻のオペラ《アッシャー家の崩壊》(音楽の友 2019年3月号)
2019.2.19
CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(レコード芸術 2019年3月号)
2019.2.19
CD評】「ドビュッシーとパリの詩人たち」(朝日新聞 2019年2月18日夕刊)
ドビュッシーのおもちゃ箱水の音楽ショパンコンクールドビュッシーとの散歩MERDE日記
新メルド日記
ごあいさつ

 井伏鱒二、太宰治らの集った、東京・阿佐ヶ谷文士村という独特の環境のなかで生まれ育った青柳いづみこは、幼い頃から豊かな芸術にとり囲まれていました。彼女にとって芸術は、玩具であり、友であり、時には恋人となり、拠り所ともなりました。心をまかせていたさまざまな芸術の中から、青柳はやがて音楽を選び、ピアニストの道に進みましたが、それだけでは飽きたらず、本格的な文筆に手を染めることになりました。
 青柳いづみこは、ピアノ演奏と文筆の二つの世界で評価される、日本ではまれなアーティストです。このホームページは、より多くの方に青柳いづみこの活動を知っていただき、みなさまと言葉を交わしてゆきたいと考えて、立ち上げた公式サイトです。

▶演奏・執筆・講演のご依頼はこちら

執筆・記事 新着3件

Top