島崎藤村が聴いたドビュッシー〈1914年・パリ〉 アーカイブ

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」ショパン 2009年9月号 インタビュー

ドビュッシーとポーの関わりとは… 東京・阿佐ヶ谷の文士村に生まれ、仏文学者・骨董収集家の祖父青柳瑞穂氏の影響を受け、豊かな芸術環境の中で育った青柳いづみこさん。あふれるような才能から生み出された数々の著作やCDは常に注目…

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」音楽の友 2009年9月号 インタビュー

ピアニストの青柳いづみこが、エドガー・アラン・ポーの怪奇小説を原作としたドビュッシーの未完のオペラ『アッシャー家の崩壊』を中心とする演奏会をひらく。青柳は、フランス文学者である祖父の影響を受けて、小さいころからポーが大好…

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」読売新聞 2009年9月22日朝刊

ドビュッシーの未完オペラ上演 台本まで手がけた作曲家の熱意を味わってほしい! ピアニストで文筆家の青柳いづみこさんが、24日午後7時から東京・浜離宮朝日ホールで、ドビュッシーの未刊のオペラ『アッシャー家の崩壊』を自らのピ…

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」朝日新聞 2009年9月19日夕刊

ポーへの傾倒、破滅的描写に ドビュッシーの未完のオペラ上演 米国の作家エドガー・アラン・ポーの作品に感化されてフランスの作曲家らが19世紀末から20世紀初頭に作った作品の演奏会が24日、東京・築地の浜離宮朝日ホールで開か…

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」クラシックジャーナル 2009年7月038号 インタビュー

アッシこちらをクリックしてご覧ください。【PDF】

【関連記事】「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」ぶらあぼ 2009年7月号 取材・文 伊藤制子

ポーによるオペラ? これは聴かずにはいられません ピアニストの中でも秀でた文学的才能をもつ青柳いづみこが、エドガー・アラン・ポーの生誕200年にちなんだ魅力的なコンサートを開催する。 「ポーが原作のドビュッシーの未完のオ…

【関連記事】随筆「音楽になったエドガー・アラン・ポー ドビュッシー〈アッシャー家の崩壊〉をめぐって」三田文学 2009年夏期号 文・青柳いづみこ

来る九月二十四日、東京浜離宮朝日ホールで開催予定のコンサー ト「音楽になったエドガー・ポー」に向けて、ドビュッシーのオペラ『アッシャー家の崩壊』(一幕二場・未完)の稽古を始めたところだ。配役はロデリック・アッシャー(バリ…

【関連記事】「ドビュッシー・シリーズ ふたたび」読売新聞 2008年3月15日夕刊

青柳いづみこ演奏会 ドビュッシー没後90年記念 ピアニストで文筆家の青柳いづみこさんが、ドビュッシー没後90年を記念する全4回の演奏会「音とことば・色彩の出会うところ」を開く。第1回は東京・築地の浜離宮朝日ホールで。共演…

【関連記事】「ドビュッシー・シリーズ ふたたび」ショパン 2008年3月号 文・今枝千秋

無意識に響きあうドビュッシー 思えば、青柳さんとドビュッシーとの関わりは深い。 大学の修士論文で取り上げて以来、その後留学先のフランス最後のリサイタル(注1)で『映像第2集』が好評されたのをきっかけに、帰国後の1989年…

【関連記事】「ドビュッシー・シリーズ ふたたび」音楽の友 2008年3月号 取材・文 真島雄大 

青柳いづみこが浜離宮朝日ホールを舞台に、ふたたびドビュッシーに取り組む。4回に亘るシリーズは、各々にテーマを設けながら「時間の流れ」に焦点を当て、ドビュッシーを丁寧にひもといていく。第1回は3月20日の「東の時間、西の時…

新メルド日記
コンサートTOP

コンサート関連 最新5件

チケットのご注文

当ホームページからもチケットのご注文を承っております(公演による)。詳しくは各公演の詳細ページをご覧ください。

Top