1915年のドビュッシー 大阪公演 アーカイブ

【関連記事】「文学キャバレ『黒猫』から生まれた音楽」ぶらあぼ 2012年9月号 インタビュー

知られざるドビュッシーの側面を明らかに ドビュッシー生誕150年にあたる今年、さまざまな関連イベントが目白押しのなかで、ひときわ異彩を放つのがドビュッシー研究家・青柳いづみこの記念コンサートシリーズだ。演奏・執筆の両分野…

【関連記事】「文学キャバレ『黒猫』から生まれた音楽」朝日新聞 2012年9月24日

ドビュッシーを筆頭に、19世紀末フランスの芸術家たちが交わり、狸雑(わいざつ)な空気のなかで想像の翼を広げあっていた時代を紹介する演奏会「『黒猫』詩人たちとドビュッシー」が28日午後7時、東京・築地の浜離宮朝日ホールで開…

【関連記事】「文学キャバレ『黒猫』から生まれた音楽」日本経済新聞 2012年6月30日 編集委員・小松潔、文化部・関優子

ドビュッシー生誕150周年 革新の作曲家 先入観覆す ~形式超え、多方面に影響~ 今年生誕150年のフランスの作曲家クロード・ドビュッシー。日本でも記念コンサートや企画展が開かれ、斬新な音楽を捉え直す試みが相次ぐ。印象派…

【関連記事】「文学キャバレ『黒猫』から生まれた音楽」読売新聞大阪版 2012年5月21日朝刊 文・渡辺彩香

500円で一流の音楽を楽しみませんか—。大阪大豊中キャンパス(豊中市待兼山町)の大阪大学会館でほぼ毎月開かれている「ワンコイン市民コンサート」が今月、開始から1年を迎えた。海外で活躍する演奏家や新進気鋭の若手らが毎回異な…

【関連記事】「うたうリスト」ぶらあぼ 2011年12月号 文・萩谷由喜子

「うたうリスト」リストの歌曲の魅力を心ゆくまで味わう  リスト生誕200年記念イヤーも残り余すところ1ヵ月を切った12月2日、注目のコンサートが開催される。  リストといえば、めくるめく超絶技巧を駆使したピアノの名人芸が…

【関連記事】「至福のデュオ フランス音楽の夕べ」音楽の友 2011年9月号 インタビュー

―ジョヴァニネッティ氏とはいつから共演されていますか。また氏の演奏についてお話し下さい。 マルセイユ音楽院時代、1976年から共演しています。当時は「神童」で、天上の音楽でしたが、今は大分人間臭くなりました。昔なつかしい…

【関連記事】「至福のデュオ フランス音楽の夕べ」ショパン 2011年9月号 インタビュー

演奏活動のみならず、著作も多く(最新刊『グレン・グールド』は18冊め!) 、またその評価も高い青柳いづみこさん。ソリストとしての印象が強く、今回はデュオで「珍しいですね」と言ったところ、「実は…」留学先のマルセイユ音楽院…

【関連記事】「至福のデュオ フランス音楽の夕べ」レッスンの友 2011年9月号 インタビュー

彼とデュオをすることで、ソロでは弾かない作曲家の作品を弾けるのが楽しい 作家としても活躍するピアニストの青柳いづみこさんが、マルセイユ音楽院で共に学んだヴァイオリニストのクリストフ・ジョヴァニネッティ氏とデュオを組み、東…

【関連記事】「大田黒愛用のピアノで綴るピアノと歌曲の夕べ」MOSTLY CLASSIC 2010年12月号 文・青柳いづみこ

110年前のスタインウェイを弾いて

【関連記事】「大田黒愛用のピアノで綴るピアノと歌曲の夕べ」レッスンの友 2010年8月号 インタビュー

「大田黒愛用のピアノ(一九〇〇年製スタインウェイ)で綴るピアノと歌曲の夕べ」の企画・構成・演奏を行なう青柳いづみこさんに訊く。 我が国の音楽評論の草分けである大田黒元雄(一八九三〜一九七九)が愛用したピアノ(一九〇〇年製…

新メルド日記
コンサートTOP

コンサート関連 最新5件

チケットのご注文

当ホームページからもチケットのご注文を承っております(公演による)。詳しくは各公演の詳細ページをご覧ください。

Top