ピアニストは指先で考える(単行本)

ピアニストは指先で考える
amazonで購入する

本書の読みどころは、ずばり「ピアニストの身体感覚」。親指、爪、関節、耳、眼、足。身体のわずかな感覚の違いを活かして、ピアニストは多彩な音楽を奏でる。そこにはどのような秘訣があるだろうか? 演奏家・文筆家として活躍する青柳いづみこが、自身のステージ体験、聴体験、教育体験を通して、ピアニストの身体感覚に迫る。

目次

巻頭 ピアニストは手がすべて
一章 ピアニストの身体
二章 レガートとスタッカート
三章 楽譜に忠実?
四章 教えることと教わること
五章 コンサートとレコーディング
六章 ピアニストと旅
七章 演奏の未来

発 行 2007年5月10日
著 者 青柳いづみこ
発行所 中央公論新社
体 裁 四六判 340頁
定 価 本体2000円+税

▶文庫本はこちら

書評

関連記事

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top