音楽と文学の対位法(単行本)

音楽と文学の対位法
amazonで購入する

カメレオンのように変化するモーツァルトの音楽、正反対の気質をもつフランス象徴派に熱狂的に迎えられたワーグナー、即興演奏を通じてハイネと語り合ったショパン、出発点を同じくしながら正反対の軌跡をたどったドビュッシーとランボー。音楽と文学の領域を縦横無尽に往来する著者が、6人の作曲家に作家たちを投影させて綴る、ステージからの比較芸術論。

目次

第1章 モーツァルト―カメレオンの音楽
第2章 シューマンとホフマンの「クライスレリアーナ」
第3章 ショパンとハイネ
第4章 ワーグナーと倒錯のエロス
第5章 ラヴェルとレーモン・ルーセル
第6章 ランボーの手、ドビュッシーの手

発 行 2006年9月22日
著 者 青柳いづみこ
装 画 伊砂利彦 型絵染作品「とだえたセレナーデ」
(ドビュッシー『前奏曲集第1巻』より)
発行所 みすず書房
体 裁 296ページ 四六判
定 価 本体3000円+税

▶文庫本はこちら

書評

関連記事

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top