高橋悠治という怪物

高橋悠治論
amazonで購入する

初めての高橋悠治論
作曲家、ピアニスト、批評家としてさまざまに同時代の表現行為をきりひらいてきた高橋悠治。
グレン・グールドとの対比から、クセナキス、武満徹ら20世紀音楽との関わり、そして「水牛楽団」という、独自な民衆音楽への志向性まで、文筆家のピアニストによる、実感的・高橋悠治論。

第1章 グレン・グールド
第2章 連弾、やる?
第3章 1960年 草月アートセンター
第4章 痩身・黒髪のマッドピアニスト
第5章 小沢征爾と「不安の時代」
第6章 1960~70年代の録音から
第7章 水牛のように
第8章 別れと追悼
第9章 カフカ3部作
第10章 解体された「ゴルトベルク」と蕩けるようなショパン
第11章 「春の祭典」
第12章 引き裂くドラゴンと地上の天使

★当ホームページからもご注文いただけます!

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替

ご注文フォーム>>

発 行 2018年9月25日
著 者 青柳いづみこ
発行所 河出書房新社
ISBN 978-4-309-27976-3 Cコード:0073
体 裁 四六版変形 266ページ
定 価 2850円+税

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替

Top