【CD評】「ロマンティック・ドビュッシー」ショパン 2011年1月号 評・壱岐邦雄

2009年、三重県総合文化センターで収録。ドビュッシーの30歳前後(1890〜1905)の作品が収録されている。当時のヨーロッパ音楽シーンは、ロマン派、後期ロマン派の円熟期にあった。ドビュッシーはマーラー、R.シュトラウス、シベリウスといった、ロマン派を代表する作曲家達と同世代とあって、とくに初期の作品にロマンティズムが映る。といっても、ドイツ・ロマン派音楽とは異なって、どれにもフランスの風がそよぎ、漂う。青柳いづみこは繊細な音色、澄明なソノリティ、軽やかに浮遊するアルペッジョなどにドビュッシーならではの清新なロマンを薫らせつつ、端麗に響かせ奏でて好ましく、チャーミングな(ロマンティック・ドビュッシー)アルバムとなっている。

ロマンティック・ドビュッシー
CD詳細▶

*CDランダム5枚*

新メルド日記
CD紹介TOP

CD関連記事 ランダム5件

Pick Up!

CDのご注文(送料無料)

サイン入りCDをご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りのCDをお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top