【書評】「ピアニストは指先で考える」レッスンの友 2007年8月号

ピアニストであり文筆家としても活躍する青柳いづみこのエッセイ集である。かつてムジカノーヴァ誌で連載したものに、読売新聞などに書いたコラムを加えてまとめられている。

内容は、ピアニストの身体、レガートとスタッカート、楽譜に忠実?、教えることと教わること、コンサートとレコーディング、ピアニストと旅、演奏の未来、の7章に分けて書かれている。

どの章もまじめなテーマである。たとえば、「曲げた指とのばした指」の項では、弾き方の長所短所、有名なピアニストたちがどうなのか、「絶対音感」の項では、これまでの音感教育のやりかたや絶対音感と相対音感との違い、ソルフェージュについてなど、また「初見と暗譜」の項では、そのやり方や覚えかた、一流のピアニスト達はどうしているのか・・・といったことなど、ピアノを弾く人たちだけではなく、ピアノやピアニストに興味のある人なら、間違いなく興味を抱く内容であろう。

それぞれのテーマが、読み切りエッセイの形で書かれているので、興味を引いたところから読めるし、しかも青柳一流の筆法で書かれているので、とても楽しく、知らず知らずのうちに引き込まれていく。さすがに文筆家である。どなたにもお勧めしたい一冊である。

ピアニストは指先で考える(単行本)
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top