新メルド日記

芸能事務所にスカウトされてみました

一昨年から、青山学院大学仏文科の講師をつとめている。週に一回、3、4年生の学生サン相手に「19世紀末から20世紀初頭にかけてのフランスのサロン文化」についてレクチャーし、たまーにピアノを弾く。教室はすりばち状になった階段教室で、ちゃんとヤマハのグランド・ピアノ(C7)が置いてある。しかし、きちんとした調律・調整がほどこされていないから、ジャーンと変な音がする。あんまり弾く気が起きない。(ちなみに、来年度は2012年に生誕150年を迎えるドビュッシーをテーマに、パリの詩人たちとのかかわりについて講義する。) 

→記事を読む

Mr. AOYAGI? 違うんです!

いささか旧聞に属するが、昨年12月2日、帝国ホテルでポーランド大使館主催のショパン生誕200記念大レセプションが開かれた。

大使館関係の方々はじめ、歴代のショパン・コンクール優勝者、マルタ・アルゲリッチやダン・タイ・ソン、四位入賞の中村紘子さん、小山実稚恵さん、五位入賞の海老彰子さん、高橋多佳子さん、宮谷理香さん、2010年度の審査員のネルソン・フレイレ、2010年度の優勝者ユリア・アヴデーヴァも出席する大イベントである。

→記事を読む

ジュリーのライヴに行ってきました

新春1月6日、いにしえの渋谷公会堂(現在はおしゃれにCCレモンとなっている)にジュリーこと沢田研二さんのライヴを聴きに行ってきた。

紹介してくださったのは、ミュージックペンクラブ事務局長のマイク越谷さん。
以前に『サライ』に『ジャパニーズロック・インタビュー集』の書評を書かせていただいたのがご縁で、渋谷のタワレコで開かれた新譜CD&新刊宣伝イベントの司会をしてくださったり、
ロック関係者の飲み会に混ぜていただいたり、楽しい異文化コミュニケーションがつづいている。

→記事を読む

4 / 41234
新メルド日記

MERDEとは?

「MERDE/メルド」は、フランス語で「糞ったれ」という意味です。このアクの強い下品な言葉を、フランス人は紳士淑女でさえ使います。「メルド」はまた、ここ一番という時に幸運をもたらしてくれる、縁起かつぎの言葉です。身の引きしまるような難関に立ち向かう時、「糞ったれ!」の強烈な一言が、絶大な勇気を与えてくれるのでしょう。
 ピアノと文筆の二つの世界で活動する青柳いづみこの日々は、「メルド!」と声をかけてほしい場面の連続です。読んでいただくうちに、青柳が「メルド!日記」と命名したことがお分かりいただけるかもしれません。

▶旧メルド日記

新MERDE日記 記事一覧

アーカイブ

Top