高橋悠治という怪物 アーカイブ

【書評】「高橋悠治という怪物」(読売新聞2018年12月9日付 書評 記者が選ぶ)

 卓越した腕前を持ちながらクラシック演奏家たることを拒否し、独自の活動を続けてきた孤高の作曲家・ピアニスト高橋悠治。今なお変転を重ねるその軌跡を、ピアニスト・文筆家の著者が丹念に描き出す。  「自分のしていることは 自分…

【書評】「高橋悠治という怪物」(評・中山弘明 図書新聞2018年12月8日)

戦後のアートと政治空間へと開く一つの導きの糸 高橋悠治は一九六八年をいかにくぐり抜けたか 「高橋悠治伝説」といったものがある。著者はその下限年齢を「三〇代後半」としている。村上龍が語る、高橋が弾く武満徹『アステリズム』の…

【書評】「高橋悠治という怪物」(評・野平多美)

音楽界きっての異才・異彩敬愛と憧れに満ちた高橋悠治論 本著の著者、青柳いづみこは、長年の高橋悠治信奉者ではない。だからこそ、「孤高の音楽家・高橋悠治のテリトリー」に入り込むことに成功した。 なお、本著は青柳いづみこの「拝…

【書評】「高橋悠治という怪物」(評・白石美雪 音楽評論家)

共同通信配信の書評が11月10日付け沖縄タイムス、11月11日付け京都新聞、中国新聞の朝刊、11月18日付け北日本新聞に掲載されました。 多彩な音楽家捉えた評伝 「怪物」という表現は言いえて妙である。ピアニストとしても、…

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替

Top