書評 アーカイブ

【書評】「水のまなざし」産経新聞 2010年12月19日 評・小池昌代(詩人・作家)

繊細で強靱な音楽小説 声の出なくなったピアニスト志望の少女、真琴の心の軌跡を描く、繊細で強靱(きょうじん)な音楽小説である。音楽の世界の厳しい舞台裏を垣間見る面白さもある。 音楽を楽しむよりも競いあうことを強いられる生徒…

【書評】「水のまなざし」北海道新聞 2010年12月5日 評・三田完(作家)

一瞬の移ろい見つめる ピアニストであり、ドビュッシーの研究家として博士号を持ち、さらにエッセイストとして数多くのファンを得ている青柳いづみこが、いよいよ初の長編小説を上梓(じょうし)した。 主人公はピアニストを志すひとり…

【書評】「水のまなざし」週刊朝日 2010年12月3日号 評・西條博子

話題の新刊 文筆家としても知られるピアニストが満を持して小説を書いた。 「喉」から映し出される世界を視るという、非凡な物語だ。音大の附属高校のぴあの科に通う主人公の真琴は、突然声が出なくなる。そのため、初見視唱も面接もあ…

【書評】「水のまなざし」週刊新潮 2010年11月25日号

十行本棚 ピアニストである著者ならではの青春”音楽”小説だ。音大附属高校でピアノを学ぶ真琴は突然声を失う。個人レッスンの教師、療養のため訪れた祖母の家で出会う少年。そして父。少女から大人への揺れる季節が、クラシック音楽を…

【書評】「水のまなざし」東京新聞 2010年11月7日号 評・中条省平(フランス文学者)

ブックナビ (前略)日本を代表するドビュッシー弾きでもある青柳いづみこの初長編『水のまなざし』(文藝春秋)は、陰翳豊かに、クラシックのピアニスト志望の少女が困難を乗り越え自己回復を果たす物語を紡ぎ出す。 将来を嘱望されて…

【書評】「水のまなざし」(文学界)毎日新聞 2003年1月28日 評・川村 湊(文芸評論家)

年上女性との恋愛――救いを求める青春の物語  青柳いづみこの「水のまなざし」(文学界)は、声が出せなくなったピアニストの話。十歳ほどの年齢差のある両親(父親が年下)から生まれた真琴が、静養のために祖母のいる山陰の但馬に出…

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top