書評 アーカイブ

【書評】「六本指のゴルトベルク」読売新聞 2012年10月1日

章ごとに取り上げられる文学や映画、そして音楽を思い描きながら愉しむエッセー。『海辺のカフカ』『羊たちの沈黙』など馴染みの作品の扱われている章か ら読み進むと、知らない間にクラシックの世界に入り込んでいる。ピアノがお稽古ご…

【書評】「六本指のゴルトベルク」MOSTLY CLASSIC 2009年6月号

師 安川加壽子の評伝『翼のはえた指』で吉田秀和賞を受賞するなど文筆でも活躍する著者の最新刊。音楽好きと文学好き両者を満足させる読書案内だ。 表題は第1章「打鍵のエクスタシー」で取り上げるトマス・ハリス著『羊たちの沈黙』に…

【書評】「六本指のゴルトベルク」産経新聞 2009年5月17日 評・福岡伸一(分子生物学者)

音楽家の奏でる文学批評 この大型連休、東京国際フォーラムで開催された音楽祭ラ・フォル・ジュルネに通った。 今年のテーマはバッハ。私の目当てはゴルトベルク変奏曲の聴き比べ。こんな贅沢はない。チャイコフスキー・コンクール優勝…

【書評】「六本指のゴルトベルク」読売新聞 2009年4月15日朝刊

トマス・ハリスのベストセラー『羊たちの沈黙』に出てくる天才殺人鬼レクター博士には、左手の中指が2本ある。バッハの「ゴルトベルク変奏曲」を好んで聴き、続編では自らハープシコード(映画ではピアノ)も弾く。さて、その腕前やいか…

【書評】「六本指のゴルトベルク」毎日新聞 2009年4月8日夕刊 評・梅津時比古

楽屋ばなし:青柳いづみこ 音楽と文学を評した本出版 ピアニストで文筆家の青柳いづみこが雑誌連載をまとめて「六本指のゴルトベルク」というユニークな題の本を出した。 トマス・ハリスの小説「羊たちの沈黙」の登場人物、レクター博…

【書評】「六本指のゴルトベルク」サンデー毎日 2009年3月29日号 評・岩尾光代

ベートーヴェンとあんこう鍋 (前略)文豪トルストイは、若い時は放蕩生活を送っていたが、や がて権力や暴力を否定するようになると、大好きな狩猟をやめて菜 食主義になる。そのモスクワの住居は、現在トルストイ博物館に なってい…

【書評】「六本指のゴルトベルク」毎日新聞 2009年5月17日朝刊 評・堀江敏幸(フランス文学者)

30の変奏で描く「両極端の世界」 それにしても『六本指のゴルトベルク』とは、なんと美しく、なんと不気味なタイトルであることだろう。六文字の片仮名が六本の指にぴたりと呼応するばかりか、その微妙にあまった感じが微妙に足りない…

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top