書籍アーカイブ

無邪気と悪魔は紙一重(単行本)

無邪気と悪魔は紙一重(単行本)

前著『水の音楽 オンディーヌとメリザンド』の中で、ヨーロッパの神話、文学、音楽などに登場する“水の精”の誘惑のさまを軽妙に分析して見せた著者が、古今東西の25人のファム・ファタル(宿命の女、運命の女)を紹介するエッセイ集。

白水社 本体1900円+税(2001年4月25日発行)

ショパンに飽きたら、ミステリー(文庫)

ショパンに飽きたら、ミステリー(文庫)

膨大な愛読書の中から内外の多種多様な作品をとりあげたミステリー・エッセーには、音楽家たちが登場するものも多く、ピアニストという視点を存分にいかした鋭い指摘が炸裂。

東京創元社 本体900円+税(2000年11月24日発行)

青柳瑞穂の生涯 真贋のあわいに 

青柳瑞穂の生涯 真贋のあわいに

詩人でありフランス文学者である筆者の祖父・青柳瑞穂の評伝です。阿佐ヶ谷文士村と呼ばれる青柳の家には、井伏鱒二、太宰治といった一つの時代を代表する文士たちが集い、酒を酌み交わしては議論を戦わせていました。

新潮社 本体1900円+税〈絶版〉(2000年9月25日発行)

翼のはえた指 評伝安川加壽子(単行本)

翼のはえた指 評伝安川加壽子

恩師である天才ピアニスト安川加壽子の生涯を明らかにした伝記。

白水社 本体2400円+税(1999年6月25日発行)

ドビュッシー 想念のエクトプラズム(単行本)

ドビュッシー 想念のエクトプラズム(単行本)

印象派の音楽家という従来のドビュッシー観に疑問を投げかけ、その音楽には世紀末退廃芸術(デカダンス)とのかかわりが色濃く反映されていると指摘した、意欲的な評伝です。

東京書籍株式会社 本体3500円+税(1997年3月5日発行)

ショパンに飽きたら、ミステリー(単行本)

ショパンに飽きたら、ミステリー(単行本

膨大な愛読書の中から内外の多種多様な作品をとりあげたミステリー・エッセーには、音楽家たちが登場するものも多く、ピアニストという視点を存分にいかした鋭い指摘が炸裂。

国書刊行会 本体1553円+税(1996年11月24日発行)
4 / 41234
新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top