関連記事 アーカイブ

【関連記事】「水のまなざし」産経新聞 2010年12月11日

音楽と映像で小説を要約 1曲目は「悲愴ソナタ」だった。〈ベートーヴェン『悲愴ソナタ』のアダージョを弾こうとすると、いつも楽譜から歌が聞こえてきた〉という小説の書き出し、そのままに。 ピアニストで文筆家の青柳いづみこさんが…

【関連記事】東京新聞  2007年5月19日朝刊 文・青柳いづみこ

練習怠ると発する指先の「シグナル」 今月上旬に『ピアニストは指先で考える』(中央公論新社)という本を上梓したところ、タイトルが不思議らしく、「どういう意味ですか?」と質問される。 きっかけは、何年か前に刊行したエッセイ集…

【関連記事】「音楽と文学の対位法」インタビュー 北海道新聞  2007年4月29日朝刊

行間往来とーくたいむ 編集委員関正喜 ジャンル交差させ表現の本質に迫る ピアニストであると同時に文筆家。最新刊の『音楽と文学の対位法』(みすず書房、3150円)で著書は十冊目となった。対位法とは音楽理論上の用語で、ふたつ…

【関連記事】「ピアニストが見たピアニスト」週刊文春 2005年7月28日号 インタビュー

著者は語る 「私たち70年代に音楽学生だった者は、先生から『楽譜に忠実に、自分を出さず、 作曲家の意図に従って弾きなさい』ということをずっと言われ続けて育って世代。ちょうどその頃、イタリアのピアニストのポリーニが、技術的…

【関連記事】「ピアニストが見たピアニスト」東京新聞 2005年7月16日朝刊 文・青柳いづみこ

ピアニストたちの真実 演奏家が演奏家を語ることの意味 六月に上梓した『ピアニストが見たピアニスト 名演奏家の秘密とは』(白水社)を、私はつづめて「ぴあ・ぴあ」と呼んでいる。最初の「ぴあ」は書き手の私、あとの「ぴあ」はリヒ…

3 / 3123
新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top