関連記事 アーカイブ

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」ショパン 2012年1月号 文・原口啓太(編集部)

異色対談 青柳いづみこ×豊﨑由美 グールドを語る グールドはクラシックのピアニストとして、ほとんど例外的に一般に知られた存在だ。 特に、文化一般に関心を特っている人間で、日常的にクラシックに親しんでいない人にも、 《ゴル…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」神戸新聞 2011年11月26日夕刊

没後30年機に奇才のピアニストグールド脚光 独特の演奏スタイル、突然の引退… 真夏でも手袋をはめ、コート姿で生活。人気の絶頂期にコンサートの舞台から身を引き、スタジオに引きこもった。クラシック音楽の枠を超えて人気を集めた…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」HANAKO 2011年10月27日号

初めてのグレン・グールド こちらをクリックしてご覧ください【PDF】

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」日本経済新聞夕刊 2011年10月18日

謎多きピアニスト研究進む 天才グールドその素顔は 不世出の天才ピアニスト、グレン・グールド。謎めいた生涯や特異な演奏スタイルによって伝説が築かれてきた。だが研究が進んだ今、偶像の素顔に迫る評論や映画が相次いでいる。31歳…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」北海道新聞 2011年9月18日朝刊 訪問

「異端」の心理 同業者の目で グレン・グールド。稀代の天才ピアニストであると同時に、奇癖や奇行でも注目された,50歳で世を去った「異端」の心理や行動を、現役同業者の視点から解き明かそうという試みだ。「単なる変人で終わらせ…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」サンデー毎日 2011年9月18日号 著者インタビュー 構成・岡崎武志

演奏者だからこそ気付いたこと 一九三二生まれで一九八二年に五十歳で亡くなったグレン・グールド。没後三十年近くたっても、六枚組のコンサート・アルバムや十枚組みのDVDが出るなど、人気は衰えない。グールド学会も開かれるほど研…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」中央公論 2011年9月号 著者に聞く 聞き手・編集部

二十世紀にグールドがいたら、ずいぶん楽しかっただろうと思います。 演奏でも作曲でも賛否両論を巻き起こし、ツイッターもやりまくったりして。 ―日本でもグレン・グールドのファンは多いのですが、コンサート活動をドロップアウトし…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」クラシックジャーナル44号 2011年9月 聞き手・中川右介(クラシックジャーナル編集長)

~特集は、ピアニスト。~ グレン・グールド ライブ演奏を徹底分析した新しいグールド評伝 いったい、何冊目になるのだろう。グレン・グールドの評伝がまた一冊刊行された。けっして長くはない生涯なのに、グールドについては夥しい数…

【関連記事】「グレン・グールド 未来のピアニスト」ちくま 2011年8月号 文・青柳いづみこ

ロマンティック・グールド  メシアン弾きとして知られるフランスのピアニスト、ミシェル・ベロフにインタビューしたことがある。一九八〇年代前半、彼がちょっと(あとになってみれば「ちょっと」どころではなかったのだが)手を壊して…

【関連記事】「我が偏愛のピアニスト」ザ・フェニックスホール情報誌 Salon 2011年3月

Essay de say エッセイでっせ「継続」 『我が偏愛のピアニスト』という書を中央公論新社から上梓したところである。日本人ピアニスト9人にお話を伺い、まとめたものに、練木繁夫さんとの対談を加えている。 同じタイトル…

2 / 3123
新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top