新メルド日記

ガラガラから満員まで

9月のツアーが終ったあとは、新刊『神秘のピアニスト アンリ・バルダ』(白水社)と新譜『ミンストレル』(キングインターナショナル)、そして10月にエイベックスからリリースされたコンピレーション・アルバム『眠れない夜に聴く、ミステリー・クラシック』のプロモーション・イベントに追われた。

最初は10月6日、タワー・レコード渋谷店でバルダ本のインストア・イベントである。昔は渋谷にタワレコとHMVの2店があり、新譜を出すたびに両方を1時間間隔ぐらいでかけもちしていたっけ、となつかしくなる。…

→記事を読む

ニュー・アルバム『ミンストレル』・・・いろいろ違ってます。

猛暑の夏、如何お過ごしですか? 世界水泳が終わったと思ったら世界陸上が始まり、昼間は甲子園の高校野球と24時間スポーツ漬けの青柳です。

7月15日から24日まで、CDアルバム『ミンストレル』の編集と室内楽の合わせでパリに滞在していたのだが、彼の地がとんでもなくまた暑く、連日36度まで上がる。パリでは普通のことだが、私が泊まっていたアパルトマンには冷房がなく、しかも目の前で大がかりな工事がおこなわれ、朝の6時(!)からブルドーザーが稼働しはじめる。…

→記事を読む

2013年に寄せて

新メルド日記の読者の皆さん、明けましておめでとうございます。
といっても、もうほとんど1月たってしまったけれど。

2012年9月21日、28日の浜離宮朝日ホールでの『黒猫』コンサートにいらしてくださった方々、ありがとうございました。おかげさまで大盛況のうちに無事終了、2回の打ち上げもわいわい楽しかった。…

→記事を読む

オンディーヌの呪い ふたたび

新譜CD『ドビュッシーの神秘』(カメラータ)は、8月25日にいったんリリースされたが、マスターテープの一部に不具合が見つかったため回収。再リリースは9月5日に予定されている。

不具合は9曲め「水の精(オンディーヌ)」の開始29秒ぐらいの箇所で、一瞬、電源が切れたようにしゅっと無音になり、またすぐに戻る。耳をすませていないとわからないほどの微細な「音の消失」だ。…

→記事を読む

ドビュッシー生誕150年の年

『新メルド日記』の読者の皆さん、長らく更新を怠っていてごめんなさい。
今年はドビュッシー生誕150年にグレン・グールド生誕80年・没後30年が重なり、レコーディングと関西ツアーで演奏も忙しく、HPに書く時間とエネルギーを、依頼原稿や単行本の執筆、ピアノの練習に全部吸いとられてしまった。せっかく、東京創元社から『メルド日記』単行本化のお話もいただいているというのに。    

2月は2度もパリに行った。一度めは2月2日から5日まで開催されたドビュッシー生誕150年記念国際シンポジウムに出席するため。このときのてんまつは、『図書』9月号から4回連載で書いている。…

→記事を読む

2 / 41234
新メルド日記

MERDEとは?

「MERDE/メルド」は、フランス語で「糞ったれ」という意味です。このアクの強い下品な言葉を、フランス人は紳士淑女でさえ使います。「メルド」はまた、ここ一番という時に幸運をもたらしてくれる、縁起かつぎの言葉です。身の引きしまるような難関に立ち向かう時、「糞ったれ!」の強烈な一言が、絶大な勇気を与えてくれるのでしょう。
 ピアノと文筆の二つの世界で活動する青柳いづみこの日々は、「メルド!」と声をかけてほしい場面の連続です。読んでいただくうちに、青柳が「メルド!日記」と命名したことがお分かりいただけるかもしれません。

▶旧メルド日記

新MERDE日記 記事一覧

アーカイブ

Top