【CD評】「やさしい訴え ラモー作品集」ぶらあぼ 2005年11月号 評・高野麻衣

「あらゆる芸術は音楽の状態に憧れる」と言ったのはウォルター・ペイターだが,青柳いづみこの音楽を聴くと,その言葉が大いなる逆説であることに気づかされる。青柳自身が語っているように,これらラモーの小品は「プルーストもかくや」の隠喩を含みながら,小気味よく,優美で,率直な印象が耳に残る。新鮮に聴こえるのは,クラヴサン曲をピアノで弾く伝統のためなのか。これもまた逆説的である。ドビュッシーと青柳が,ラモーを好むのはとても納得がいく。実にフランス的だからである。聴き手はCDを手にした瞬間からその世界観に引き込まれることだろう。

やさしい訴え ~ラモー作品集~
CD詳細▶

*CDランダム5枚*

新メルド日記
CD紹介TOP

CD関連記事 ランダム5件

Pick Up!

CDのご注文(送料無料)

サイン入りCDをご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りのCDをお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top