やさしい訴え~ラモー作品集~

やさしい訴え~ラモー作品集~
amazonで購入する

ピアノで弾くクラヴシニストの伝統は、日本では恩師安川加壽子の門下に受け継がれています。1954年から60年にかけて開かれた小中高の子供たちによる門下生発表会に、青柳いづみこが初めて参加したのは57年。曲目はクープランの『小さな虚無』でした。フランス文学者を祖父にもつ青柳は、幼くして、ルイ王朝貴族の色っぽい風俗をほのめかす表現を感じ取り、その後もクープランやラモーを弾くたびに、宮廷文化にはぐくまれた装飾的で洗練された音楽に惹かれたようです。ピアノ演奏と文筆の二つの表現世界を行き来する青柳は、『やさしい訴え ~ラモー作品集~』で、音と言葉を溶け合わせたような深い趣を醸し出しています。

曲目

「クラヴサン曲集」(1724)

鳥のさえずり ロンドー形式のミュゼット
タンブーラン 田舎風 やさしい訴え 喜び
気粉れ ミューズたちの対話 ひとつ目巨人たち

「新クラヴサン曲集」(ca1728)より

ガヴォット ガヴォットのドゥーブル メヌエット
めんどり 異名同音 エジプト女たち

「コンセールによるクラヴサン組曲」より5曲(1741)

リヴリ 挑発的 内気 無遠慮 王太子妃(1747)

演奏 青柳いづみこ(ピアノ)
録音 2005年6月7日~9日
使用楽器 1887年製スタンウェイ
発売日 2005年10月7日
レーベル ALM RECORDS
価格 3000円(税込)
CD番号 ABCD-7098

CD評


*CDランダム5枚*

新メルド日記
CD紹介TOP

CD関連記事 ランダム5件

Pick Up!

CDのご注文(送料無料)

サイン入りCDをご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りのCDをお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top