【書評】「水のまなざし」東京新聞 2010年11月7日号 評・中条省平(フランス文学者)

ブックナビ

(前略)日本を代表するドビュッシー弾きでもある青柳いづみこの初長編『水のまなざし』(文藝春秋)は、陰翳豊かに、クラシックのピアニスト志望の少女が困難を乗り越え自己回復を果たす物語を紡ぎ出す。

将来を嘱望されていた少女は、楽譜から聞こえてくる「歌」を弾こうとして、いつも失敗する。ついには自分の声まで出なくなってしまう。彼女はピアニストの修行を中断して故郷に帰り「歌」の正体を発見する。

現役ピアニストならではの音楽の蘊蓄もたっぷり披露され興味深く、ミステリー仕立ての趣向も巧み。だが真の読みどころは、四季の自然や食の多彩を言葉にする確かな腕前だ。

そこに小説の喜びがあふれている。

水のまなざし
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top