【書評】「水のまなざし」週刊朝日 2010年12月3日号 評・西條博子

話題の新刊

文筆家としても知られるピアニストが満を持して小説を書いた。

「喉」から映し出される世界を視るという、非凡な物語だ。音大の附属高校のぴあの科に通う主人公の真琴は、突然声が出なくなる。そのため、初見視唱も面接もある留学生試験をあきらめ、副科の声楽も単位を落とし、休学してしまう。海外の著名オペラ歌手を診察し、その声帯の数々を知る医者は、楽器を弾く人は声を出して歌わずとも、声帯を動かす筋肉を使っていると言う。そもそも子音に必ず母音がついてくる日本語自体が喉に悪いのに、社会に声を大切にする意識が欠落している、とも。ただし、真琴にはまず楽譜から聴こえてくる歌があり、ピアノで再現できないことに苦しんでいた。能の『隅田川』と、それをアレンジしたブリテンのオペラを聴き比べる一幕あり、男性から性愛の対象として見られることへの好奇心あり。濃密な一冊。

水のまなざし
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top