【書評】「ピアニストは指先で考える」正論 2007年8月号

味わい本発見 この分野はこれを読め!

ピアニストは、親指、爪、関節、足などをどのようにして駆使して演奏しているのだろうか。演奏家であり文筆家としても活躍する著者が、その身体感覚を子細に解きあかしたエッセー集。

ピアノの奏法には、指をしっかり上げで指先で鍵盤にタッチする「曲げた指」と、脱力した状態で指の腹でタッチする「のばした指」とがある。フランス近代を代表する「印象派」のドビュッシーとラヴェルは、ともにピアノを弾きながら作曲した。ドビュッシーはやわらかい手をした「のばした指」派、骨ばって固い手のラヴェルは「曲げた指」派で、その身体的特徴も作品に反映されていて、ふさわしい演奏方法が違ってくるという。

素人は演奏技術の繊細さに驚くばかり。名演奏家のエピソードも楽しい。何より、聴く楽しみが広がる一冊だ。

ピアニストは指先で考える(単行本)
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top