【書評】「ショパン・コンクール」文藝春秋2016年12月号

芸術と歴史に耽溺

五年に一度開かれるショパン・コンクールはピアニストの登竜門として知られ、アルゲリッチなど世界的スターを生み出してきた。自身もピアニストである青柳いづみこ『ショパン・コンクール』(中公新書)は、昨春の予備予選から秋の本大会までを現地で取材した成果をもとに書かれている。出場者や審査員の話を交え、あるべきコンクール像やショパンの本質、日本人優勝の条件等を探ってゆく。「最後の転調はアリスのウサギ穴のよう」など、独特な演奏評も楽しい。(走)

ショパンコンクール
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top