【書評】「ショパン・コンクール」サンデー毎日 2016年10月30日号「今週の新刊」評・岡崎武志

アスリートならオリンピック、作家なら芥川・直木賞、若きピアニストなら目指す頂点は『ショパン・コンクール』。1927年創設以来、5年に1度、ワルシャワで開催され、多くのスターと多くのドラマを生んできた。

ピアノと筆を両立させる青柳いづみこが、2015年大会を現地からつぶさに批評的にレポート。同時に、この祭典の歴史と特徴も振り返る。まずは「実は出場するだけでも大変なこと」が、読者に知らされるのだ。

DVD審査を経て、予備予選から本大会へと、振り落とされていく。何が勝敗を分けるのか。明確な図式はない点、悲喜劇が生じる。「つくられた優勝者」はないのか。審査員にもインタビュー。芸術審査の難しさが分かる。

「楽器がザクザク鳴って鳥肌が立った」等、演奏のレポートの臨場感が素晴らしい。コラムでは、演奏者のハンカチの扱い方の違いを指摘するなど、ユーモアで肩の凝りをほぐず好読み物だ。

ショパンコンクール
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top