【書評】「どこまでがドビュッシー?」サンデー毎日 2014年11月23日号

『どこまでがドビユッシー?』は、めっぽう筆のたつピアニスト・青柳いづみこが、楽譜にしがみつかず、音楽の楽しみを教えるエッセー。ドビュッシーがポーの原作をもとに自ら台本を書き、オペラに仕立てたという意外な接点から、佐村河内問題まで扱うテーマは幅広く柔軟であるのが著者の持ち味。ジャズピアニスト大西順子とサイトウキネンの共演を通じ、クラシックとジャズの関係を論じた数章は本書の白眉(はくび)。音楽の奥深さと未来をそこに感じる。

どこまでがドビュッシー?
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top