ピアニストが見たピアニスト—名演奏家の秘密とは(単行本)

ピアニストが見たピアニスト現役のピアニストにして気鋭の作家、青柳いづみこが、豊富な音・映像資料を駆使して6人の名演奏家たちの「謎」に迫ります。アルゲリッチはなぜソロを弾かないのか、ミケランジェリはなぜ「氷の巨匠」になったのか、リヒテルはなぜ譜面をみて弾くようになったのか──。天才ピアニストたちの心理面から技術面、時代の耳の変遷による影響は、自身もステージ経験を経てきた演奏家の立場なくしては明かすことのできないものです。

目次

第1章 負をさらけ出した人 スビャトスラフ・リヒテル
第2章 イリュージョニスト ベネデッティ=ミケランジェリ
第3章 ソロの孤独 マルタ・アルゲリッチ
第4章 燃え尽きたスカルボ サンソン・フランソワ
第5章 本物の音楽を求めて ピエール・バルビゼ
第6章 貴公子と鬼神の間 エリック・ハイドシェック

発 行 2005年6月10日
発行所 白水社
定 価 本体2100円+税

▶文庫本はこちら

書評(文庫本書評含む)

関連記事

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top