ボクたちクラシックつながり ピアニストが読む音楽マンガ(新書)

ボクたちクラシックつながり
amazonで購入する

『のだめカンタービレ』は、音楽大学に通う指揮者志望の男子と、天才肌のピアノ科の女子を主人公にした大ヒットコミックス。ピアニストで文筆家の青柳は、「のだめ」を、なかなか見えにくいクラシックの世界の扉を開ける「開けゴマ」だと高く評価しています。その「のだめ」を手がかりに、クラシックのスリリングな世界へ――。演奏は楽譜通りでなくてはいけない? 指揮者でオケの鳴り方が違うのはなぜ? 大ヒット漫画を手がかりにクラシック界の深奥に誘います。

目次

第1章  一回読譜したらとっととやるぞ!
第2章  楽譜どおり弾け!
第3章  バレンボイム対ホロヴィッツ??
第4章  コンクール派と非コンクール派
第5章  留学--クラシックをやるなら海外でなきゃ駄目?
第6章  指揮者の謎
第7章  コンサートで受けるプログラム
第8章  音楽は人間が出る?
第9章  ピアニストは本当に不良債権か?

発 行 2008年2月20日
著 者 青柳いづみこ
発行所 文芸春秋(文春新書622)
定 価 本体730円+税

書評

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top