【書評】「ドビュッシーとの散歩」朝日新聞 2012年10月7日朝刊

作曲家ドビュッシーの人となりや作品・現代との接点を、約40曲のピアノ作品を窓口につづったエッセー集である。楽器メーカー会員誌での連載をまとめたもので、内容は軽やかで親しみやすい。だが、その一筆書きのような持ち味は、ピアニストであり文筆家でもある筆者の真骨頂だ。演奏法や解釈のツボを、楽理の隘路<あいろ>に潜らずさらりと記す。演劇・美術から現代日本のポップスとの関連まで、音楽を社会の文脈でとらえる視点が、作品の新たな切り口を際だたせる。ドビュッシーが目指したものは、東洋的な美意識をよりどころにした「平面的な音楽」で、西洋人よりも東洋人の感性にぴったりはまるという指摘は、重みがある。

ドビュッシーとの散歩
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top