【書評】「ドビュッシーとの散歩」週刊東洋経済 2012年11月17日号

生誕150年の今年、ドビユッシーのピアノ曲を素材に、ピアニスト兼エッセイストとして活躍する著者が作品論のみならず作品から自由に発想を広げて多彩なうんちくを傾ける。評者は一読後、ミケランジェリやロジェのCDを聞きながら該当箇所を読み直したが、今まで気軽に聴いていた前奏曲集や組曲の興趣が俄然、いや増してきた。作曲家の意図、音楽的意味合い、演奏上の苦労や楽しみから当時のエピソードなど話は奔放に広がる。ドビュッシーのピアノ曲がみな題名つきなのも、連想を誘い、楽しむに最適なのだ。

「風にはためく帆のイメージの曲」などと解説する評論家もいる前奏曲集第1巻第2曲の「帆」では、「誰だ、帆なんて訳したのは」(女性の「ベール」が正しいと著者)に思わず笑った。ドビュッシーの人間像も浮き彫りにされ40曲どれも楽しめた。印象派の画家たちになぞらえて論じられることに対してもユニークな視点を提供している。(純)

ドビュッシーとの散歩
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top