【書評】「ピアニストが見たピアニスト」日本経済新聞 2005年8月21日朝刊 評・池田卓夫(編集委員)

コラム「活字の海で」

(前略)ピアニストの青柳いづみこは「演奏家が演奏家を批評する」という”禁じ手”で新境地を開いた。演奏、文筆とも二十五周年に当たる今年はその名もずばり、『ピアニストが見たピアニスト』(白水社)で評価を問う。

海外メディアの容赦ないインタビュー記事をはじめとする膨大な資料も駆使し、少女時代の厳格な恩師に受けた心の傷を克服できないアルゲリッチ、完ぺきを期すあまり「歌」を封印してしまったミケランジェリら名ピアニストの内面に迫る。同業者ならではの奏法分析にも抜かりはない。

「ピアニストがピアニストを書く」のは抵抗があり、一時は執筆を断念したという。だが、「資料を読み漁るうち彼らの”叫び”が聞こえてきた。水準は違うにしても、同じピアニストとして心理の重なる部分は多く、絶対に語らなければならないと思い直した」。(後略

ピアニストが見たピアニスト—名演奏家の秘密とは(単行本)
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top