【書評】「ピアニストが見たピアニスト」マンスリーみつびし 2006年2月号 評・川本三郎

華麗な演奏のかげに隠された名演奏家の心の揺れ

私のメディア日記

クラシック音楽のなかでいちばん好きなのはピアノ曲。演奏会では、ピアニストたちの、人間業とは思えない華麗な指の動きと、楽譜をみないで弾く暗譜に圧倒されてしまう。客席から見るピアニストたちは、自信にみち、悠然と演奏しているように見えるが、実際にはそうではないという。名ピアニストといわれる人たちが、意外なことに演奏の前には極度の不安、緊張にさいなまれる。

ドビュッシーの名演奏家として知られる青柳いづみこさんは『ピアニストが見たピアニスト』のなかで、リヒテル、ミケランジェリ、アルゲリッチ、フランソワら現代の名演奏家の真実の姿に迫っている。ミスタッチをするのではないか。暗譜がうまく出来ていないのではないか。巨匠といわれる人々が演奏の前に不安になる。

リヒテルは59歳のとき、来日する飛行機のなかで、暗譜に自信がなくなり「ピアノが怖くてひけない」と不安に襲われる。パリから飛んで来た主治医はいう。「簡単なことだ。譜面を見て弾けばいい」。結局、1994年の来日公演でリヒテルは楽譜を見て演奏することになった。

ミケランジェリは1965年に来日した時、上野の東京文化会館に向かう車のなかで、恐ろしいけいれんに見舞われた。彼はまたドビュッシーを演奏していて突然、心臓発作に見舞われたこともある。

サンソン・フランソワは、やはりドビュッシーの演奏に向かう途中、ホテルのエレベーターで心臓発作を起こし、死亡。まだ46歳の若さだった。

この本を読むと、華麗に見える演奏が実はいかに過酷なものかが分かり粛然とする。

ピアニストが見たピアニスト—名演奏家の秘密とは(単行本)
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top