【書評】「アンリ・バルダ 神秘のピアニスト」サンデー毎日 2013年09月17日号 評・岡崎武志

サンデー・ライブラリー いいもんはいい、ダメなもんはダメ

ピアニストで文筆家・青柳いづみこの新著が『アンリ・バルダ 神秘のピアニスト』。

この「知られざる幻の巨匠」と呼ばれたユダヤ系フランス人ピアニストの演奏に心酔した著者は、演奏会を追っかけ、やがて親しくなる。訪問したパリのアパートからエッフェル塔が見えるが、巨匠は見えないふりを。そんな逸話を交えながら、その生涯と演奏のすごみを解説する。「端正だが少しも冷たくない」「さまざまな音色がとびかう」演奏が聴こえてきそうな文章。

アンリ・バルダ神秘のピアニスト
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top