【書評】「双子座ピアニストは二重人格?」マリー・クレール 2005年4月号 評・中条省平

ドビュッシー弾きの名手が軽快な筆致で綴るピアニスト人生

著者は日本を代表するドビュッシー弾きだが、クラシック界でも抜群の筆達者。本書の音楽的関心の中心にあるのはやはりドビュッシーだが、マーラー、シューベルトなど、ドイツ系作曲家を一風変わったアングルから解剖したエッセイも切れ味鋭い。それ以上に面白いのが、後半の歯に衣着せぬピアニスト人生をめぐる様々な文章である。音大の「ピアノ科のピアノに未来はない」なんてことをさらりと言ってのけるのですから。

双子座ピアニストは二重人格?—音をつづり、言葉を奏でる
書籍詳細▶

*書籍 ランダム5冊*

新メルド日記
書籍紹介TOP

書籍関連 最新5件

Pick Up!

書籍のご注文(送料無料)

サイン入り書籍をご希望の方

ご希望の方には、青柳いづみこサイン入りの書籍をお送り致します。
ご注文フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
お支払い方法:郵便振替(手数料は負担いたします)

Top